「アンバサダー」の意味とは?気になるワードを調べてみました。

雑記事


アンバサダーという言葉をご存知ですか?近年ファッション系SNSユーザーの自己紹介でも頻繁に見かけるようになったアンバサダーには一体どんな意味があるのでしょうか?簡単にまとめてみたので良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンバサダー(Ambassador)とは

アンバサダーは英語でAmbassador一般的に「大使」や「親善大使」という意味を持ちます。例えばファッション企業の公式アンバサダーと表記されている場合、直訳するとそのファッション企業の「公式親善大使」ということになります。もし、わかりにくかったら「大使」を「ファン」や「サポーター」と入れ替えて考えるとアンバサダーをイメージしやすいかと思います。

アンバサダーはマーケティング手法

アンバサダーは企業が扱うブランド商品を、影響力のある大使に使ってもらうことで一般ユーザーに広める目的で使われるマーケティング手法です。
任命されるアンバサダーは主に消費者に影響力の強い芸能人やモデルなどが任命されるのがセオリーでした。しかし現在では一般ユーザーをアンバサダーに任命する企業が増え、アンバサダーマーケティングは年々形を変えています。

アンバサダーを利用したマーケティングの効果とは?

例えば、アンバサダーに任命された有名人がブランド商品を実際に使い、その様子をSNSで拡散してもらと、その有名人のファンが企業ブランドに興味を持つきっかけを作ることができます。
また一般ユーザーがアンバサダーの場合はユーザー目線での商品レビュー口コミと言うことで、新鮮で信頼性の高い情報を広めることができます。

一般ユーザーがアンバサダーになったメリット

一般ユーザーがアンバサダーになった場合、企業側から扱うブランドを割引で購入できたり、サンプルを無料で受け取れるなど各企業により様々な特典が用意されています。
元々企業の扱うブランド品のファンである方にとってはとても魅力的な提案ですよね!

新規の顧客獲得が期待できる新しいマーケティング

企業側、ユーザー側にもメリットのあるアンバサダーマーケティングは現在ではカフェ業界、スイーツ業界、ファッション業界など多くの業界が、個性的なアンバサダーマーケティングを展開しています。
いかがでしたでしょうか?もし、あなたに興味のあるファッションブランドがあれば、その企業がアンバサダーを募集しているかどうか調べてみるのも面白いかもしれませんね。