グーグルアドセンス再審査、合格するまでに改善したこと

雑記事


以前「グーグルアドセンス受かったどー!」と言う記事を書いたのですが、今回はグーグルアドセンス再審査から合格するまでに私が行った改善や、見直したことをまとめてみます。いかんせん、ネッット上にはグーグルアドセンス審査についての記事はたくさんあって、何が正解で何が間違いなのかさっぱりな感じなのが現実です。
というわけで、今回の記事も絶対に正解とは言えないので参考程度に読んでみてくださいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは質の低そうな記事は消した

まず取り組んだのは、質の低そうな記事は消しました。具体的に言うと、文字数の少ない記事、ブログを読んでくれているユーザーに対して全く価値を与えない低質な記事です。グーグルの目標である質が高く有用なコンテンツと認められないのであれば当然、広告掲載はできません。なので思い切って消しました。

グローバルナビゲーションの設置

私はシーサーブログで審査に挑んだわけですが、私が利用してるテンプレートには元々グローバルナビゲーションは設置されていませんでした。そこで、カスタマイズして簡単なグローバルナビゲーションを設置しました。

プライバシーポリシーコンテンツの設置

グーグルアドセンスをを利用するためにはプライバシーポリシーを必ず設置させなければなりません。ってプライバシーポリシーのページを作らなくても合格したという記事がネット上にはあるんですけどね。。
しかし、グーグルが推奨というか、必須とアナウンスしているので一応作りました。
これは、親切なアドセンスに関する記事を書いていたサイトからコピペさせてもらいました(コピペOKとのことだったので)。体験上プライバシーポリシーのページについてはコピペでも大丈夫というのは本当のようです。

ページ数を増やした

単純にコンテンツとしてのボリュームが少ないと予想して、どんどんページ数を増やしました。最終的に合格した時点で、1000文字〜1500文字程度のページが25です。審査中も油断せずに更新していました。

ブログタイトルを変えた

かなり微妙な判断なのですが、ブログタイトルを変えました。というのが、ブログのタイトルに記事内容と関係が薄いキーワードが混じっていたからなんです。
ブログタイトルとに関連するコンテンツが展開されていなければいけないのに、実際の中身はタイトルとは関連性が低いのであれば、SEOの観点から見ても良くなさそうですよね。
でも、これも記事のカテゴリーがバラバラで受かっちゃった〜って人もいるみたいなのでどうなのですかね?

プレビュー機能について

審査用ブログでは絶対にプレビュー機能使ってはダメという記事を見たんですが、私は思い切りプレビュー機能使ってました。その記事を見てプレビュー機能使うのやめたんですが、審査用ブログを立ち上げてから一回も使ってはダメというのはなさそうです。

大見出し、小見出しなどの見直し

いわゆるHタグです。ページの文章の「見出し」を定義するhタグをきちんとふっていきました。特に記事中の小見出しには気を使いました。

結局合格した決め手はなんなのか?

色々改善してみたんですが結局合格した決め手は「ページ数を増やして、コンテンツを充実させた」ことだと思います。グローバルナビゲーション、プライバシーポリシー、見出しなどは基本としてもやっぱ有益でオリジナリティーあるコンテンツじゃないとダメってことなんだと思います。(このブログのどこが有益なんじゃい!という厳しいツッコミはやめてね。。)
あとは、何回落ちても諦めないことです。
グーグルアドセンスの審査を受けてよかったと思うことは、ネットの知識が増えたことと自信がついたことです。アドセンスを利用するために色々勉強するのでネットの知識は広まりますよ!
お役に立つかどうかわかりませんが、もしグーグルアドセンスの審査で疑問のある方はお気軽にメッセージください、わかる範囲でお答えします。メルマガ登録とか、商材は提供しませんから安心してくださいね(笑)