ドロップシッピングって何ですか?

インターネットビジネス


皆さんはドロップシッピングをご存知ですか?多分ネットショップとかに興味のある方や携わってる方じゃないとあまり耳にする言葉ではないと思います。そこでネットビジネス中でも定番と言われるドロップシッピングについて少しまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドロップシッピングとは

ドロップシッピング(Drop Shipping)はネット上で商品を販売する形態の一つです。
自身が運営するECサイト、ネットショップで商品が購入された場合、商品の発送は運営ショップがするのが通常です。しかしドロップシッピングの場合は注文を受けてから商品発送は卸元や製造元がお客様に直送するシステムなのです。

販売した売り上げの数パーセントが利益に

一般的に販売した商品の売り上げの数パーセントがショップオーナーの利益になる仕組みです。
ショップオーナーがやることは、扱う商品ページと商品コンテンツの作成だけです。あとはお客様から注文を受けた後に、発送先のデータを問屋、メーカーの転送しお客様に直送してもらいます。

私がやっているドロップシッピング

私も今ドロップシッピングをしています。やり方は、まずネットショップを用意して、契約している問屋からお客様へ直送可能な商品を選んで商品ページを作ります、それだけです。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングの最大のメリットは在庫を持たずにネット上で販売ができるということです。通常は在庫を持ってネット販売になりますが、売れなければ不良在庫となります。しかしドロップシッピングは在庫を抱える必要はありません。売れるかどうかわからない商品でもとりあえずは店頭に並べて試すことも可能です。売れないと思えばページを消すだけです。
そしてもう一つのメリットは商品の梱包も問屋が行ってくれるので梱包の手間も省けます。

自分でネットショップを立ち上げて仕入先を作るのは少し大変なんです

ネットショップをやる上で大変なことは、ショップ作り、そして商品の仕入れ、集客などです。その中でも仕入れ(卸売業者)というものは通常個人では相手にしてもらえないのが現実で、個人でも相手にしてくれる卸売業者の扱う商品は、しょうもない商品なのです。。。世の中の仕組みがメーカー→卸し→小売→一般消費者と流れなので小売を飛び越えて、一般の消費者にいきなり仕入れはことは普通できないんです。
ですので自分でネットショップを立ち上げて、仕入先と契約してからドロップシッピングの仕組みを作るのは少し手間がかかるんです。

自分のネットショップでドロップシッピングをやるよりも、もっと簡単な方法

実はドロップシッピングをするために、在庫管理・梱包・配送・お客様からの問い合わせまで全て代行してくれるサービスが存在します。しかも登録料や年間会費なども無料で、更にショップも簡単に作れるツールまであります。
今回は簡単にドロップシッピングというものを紹介しましたが、ドロップシッピングを初心者でも簡単にできる方法もご紹介していきますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね!

コメント