ビジネス用語「マーチャント」とは?


ま〜ちゃんと💓ビジネス系の記事を読んでると度々目にする「マーチャント」という言葉。。みなさんは意味をご存知ですか?実は私は意味わかっていませんでした。。前後の文章でなんとなく「あれ」じゃない?って自分なりに解釈してたですのですが。。

今回は、ハッキリとしておきたいと思い「マーチャント」の意味を調べてみることにしました。相変わらず2次情報満載でグダグダな感じになるかと思いますが、良かったら私の勉強にお付き合いください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マーチャントとは商人、商売人

マーチャント「merchant」は英語で「商人」という意味だそうです。「はっは〜ん、やっぱりね〜」と納得された方もいるんじゃないでしょうか?例えば「マーチャントと契約を交わす」「プロマーチャント」などの会話でマーチャントを「商人」と置き換えると話は簡単ですね。

意識高いぜ〜最初からそう言って欲しいぜ〜。

ちなみにマーチャンダイザーとは

「マーチャンダイザー」は職種のことだそうです。マーチャンダイザーは主にアパレルや販売などの流通業界などに携わり、具体的には市場リサーチし商品の開発や販売の計画を管理するお仕事です。

マーチャントに関する言葉は度々あらわれる

ビジネスシーンにおいてマーチャントに関する言葉(ワード)は度々現れます。「コングロマーチャント」「マーチャンサポート」「eマーチャント」など、直訳では完全に意味は把握できない言葉もありますが、だいたいニュアンスがとらえられるかと思います。

でも、もしビジネスパートナーとの会話の最中にマーチャントという言葉が出てきて、意味がわからなかったら、相手に質問してみましょう!恥ずかしいかもしれませんが、わかったつもりも相手に失礼だし、知らないことは知らないと堂々と聞きいたほうが良いですよね!

これで私も少しは意識高い系になったかな(笑)。