フリマやオークションで素朴な疑問。汚れたり破れたりした服でも売れるのか??

ライフスタイル


フリマアプリやオークションサイトに出品している服を見たら、破れてた、もしくは汚れが付いてたものを見たくとはありませんか?こういう難ありの服って出品しても売れるのでしょうか?今回はそんなコンディションの悪い商品の扱い方を簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

商品のコンディションが悪くても売れるものもある

私の経験上、少し破れたジャージが売れました。売れないかもと駄目元で出品しましたが売れました。アプリやオークションサイトで商品を検索してみたらわかるのですが、コンディションの悪い商品を結構な数出品されてます。これは中古品なのでコンディションが新品より悪いから当然といえば当然なのです。

コンディション悪い商品を出品するときの注意点

コンディションの悪い商品を出品する時は、購入者とのトラブルを防ぐために必ず商品説明にそのことを書いておきましょう。

例えば服にシミが付いているのなら、そのことを商品説明に正直に書いて、シミのついた箇所を写真をとって商品画像と一緒に添えておくのがおすすめです。

ニオイや感触など画像では伝わりにくいコンディションは説明文を入れて伝える
ダメージ不具合のある箇所は説明文だけでなく画像も出来れば添える

きちんと伝えにと評価が下がる原因にもなる

コンディションの悪いことを隠して、運良く売れても今後の取引に影響してくる可能性があります。なぜなら各アプリにある設定されている評価が下がり、信用できない出品者として烙印を押されます。
あくまで中古品です、何かあるのは普通ですので事実は隠さずに出品することを心がけましょう。

最初にきちんと説明しておけば、破れた服でも感謝されることもある

商品の状態が悪くても購入者にきちんと納得して購入してもらえれば。正直な人だったと評価され「ありがとう」とコメントも頂くこともあります。

フリマアプリやネットオークションは出品する商品の良し悪しも大切ですが、出品者の信用も大切です。

正確に商品状態を伝えることが重要。商品の魅力を伝えるのも必要ですが過剰に盛らないようにしましょうね♪

がっかりさせてはいけません

通販でも想像とは違った商品が手元に届いた時ってがっかりしますよね?もしこの商品が届いたら自分だったらどう思うか考えながら価格をつけたり、商品説明を工夫してみてくださいね!

「今、自分には必要のないものが、他人の手に渡って感謝される」

今出品しようか迷ってる商品は、誰かが探してるかもしれませんよ!マナーを守ってフリマアプリやオークションを楽しんでみてくださいね♪