フリマアプリとECサイト(ネットショップ)どちらがお小遣いが稼げる?

雑記事


最近ではネットショップもフリマ同様、個人でも簡単に出店できるような時代になりました。特にネットショップに至っては無料出店、月々の運用コストも0といったひと昔前では考えられないような魅力的な条件でオナーを迎えるEC企業も登場しています。
では、主に中古品売買が中心のフリマアプリとECサイトはどちらがお小遣いが稼ぎやすいのでしょうか?そんな疑問を私の経験を踏まえてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

個人が簡単に稼ぐにはフリマアプリが稼ぎやす

結論から言うと、お小遣いを稼ぐにはフリマアプリがおすすめです。フリマアプリに登録して商品ページを作るだけで、すぐにお客様の目にとまる状態になります。
ECサイトの場合、出店するまでに少々手間がかかります。ショップの名前、ショップの情報をちゃんと表記してから商品ページを作る流れになります。

ネットショップはお店のトップページやお店の情報が曖昧だとダメ

ネットショップを出店するには、「特定商法取引法」をちゃんと記載しなければないけません。これは、やったほうがいいことではなく法律で決まった義務です。
特定商法取引法の基づく表記はここでは詳しく説明しませんが、簡単に言うと事業者の名前をハンドルネームなどではなく実名で、住所もちゃんと表記することなんです。
この作業はフリマアプリにはありません、ほとんどの方が個人情報が晒さられるのを恐れてい表記していないと言うか、表記するようなシステムにはなってないはずです。

ネットショップの特定商法取引法の情報が曖昧だったとしましょうか

もしあなたなら、そんなショップオーナーの情報が曖昧なショップで買い物をしたいと思いますか?たぶんしないですよね?大手のモールでの買い物ならまだしも、誰でも出店できるような個人のネットショップだと特に怪しいと感じてしまうはずです。

フリマアプリでは商品が主役、ネットショップはオーナーのあなたが主役

例えば、フリマアプリの大手メルカリの場合の地名度が高く信頼されているので、「TVでもCMしてるし、何かトラブルがあってもなんとかなるだろう〜」って安心感があります。
ところが個人のネットショップだとオーナーさんのことなんて誰も知らないし、実店舗とは違い商品も目の前にないので、とりあえず疑われるんですよ。「カード情報はちゃんと管理してくれるの?」「ちゃんと商品届くの?」など感じたことありませんか?
もちろん信頼性のあるショップ作り方なるものは存在しますけど簡単じゃないんですよね。。時間かかるしテクニックが必要になります。

ただしネットショップに信頼が生まれれば

ネットショップにも信頼が出れば、フリマアプリよりも売れる手応えを私は感じています。、最初はなっかなか、なかなか売れません。ネットショップ出店のハードルが低くなって過当競争になってるのも原因の一つと考えられるんですけどね。(いきなりショップ出してどかーーーんと売っちゃう天才もいますけどね)

お小遣い稼ぎならフリマアプリ!

作業の手間、手軽さならフリマアプリで、おこずかい稼ぎは十分できます。仕入れは家にある中古品でもOK!
簡単にまとめてみましたけど、いかがだったでしょうか?手っ取り早いのはフリマアプリです、でもネットショップもちょとずつ売れてきたら、楽しいのは確かです♪苦労したぶん達成感がありますよ!