野外フリーマーケット出店までにしておきたい準備とは?

雑記事


前回フリーマッケトを出店するまでの手続き関係を主に書いたのですが今回はフリーマッケト出店まで必要な段取り(商品の準備など)をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自宅にある古着などを集める

まずは売る商品が必要なので私の場合は自宅にある古着を集めました。Tシャツ、トレーナー、パーカー、キャップ、、などなどこの2、3年の間全く着てなかった服やサイズが合わなくなったりしたものを主に集めました。
服を選別してて、全然最近着てなくてでも当時すごくお気に入りだった服を売るか売らないか迷うのに時間がかかってしまいました。でもタンスの整理整頓だと心を鬼にして微妙な服は全部売ることに決めました。
服も多かったのですが、全然かぶってない帽子がいっぱい出てきて中には何で買ったのかわからない帽子まで出てきました。どこにこんなお金があったんでしょうね。。。

古着に値段を決めていく

集めた古着の値段は自分で決めていきます。人気のありそうなブランドやクオリティーの高いものは少し高めに、人気のなさそうなものや状態の悪いものは安目に。全く人気のなさそうなものは100円均一にしました。
全体に安く設定するつもりでしたが、実際売るとなると値段を高く設定してしまって売れるのか不安になってきました。欲って怖いですね。。。
フリーマーケット経験者から当日は必ず値引き交渉されるので気持ち高めに値段は設定しても大丈夫とのことでしたので高めに設定したのですが、それにしても高すぎたような気がします。
とはいうものの値段は自分の好きにつけてみたらいいと思います。意外なものが意外な値段で売れることはよくあることです。

値札をつけていく

値段を決めたら一個ずつ手書きで値段を札に書いていきます。数が多いと大変な作業ですが頑張りどころです。
値札をつけるツールは通販などで安く売っていてのでそれを利用しました。
まだ少し準備は残っていますが今回の説明はここまでにしたいと思います。今日のポイントは古着の値段を決めることですね。いざ自分で値段を決めるとなると結構難しいなと思いました。値段を決める技術はフリーマッケトの経験を積むしかなさそうですね〜。