社会保険から国民保険へ切り替え、脱サラして起業するまでの手続き

雑記事


サラリーマン時代は会社が保険料を半分負担(原則)する社会保険に加入していましたが、会社はやめて起業した後は国民保険に加入する義務があります。
そこで社会保険から国民保険への切り替え手順を簡単にまとめてみましたの、これから脱サラして起業をお考えの方は参考にしてみてください。
(今回は社会保険の任意継続は除き、国民保険に切り替えるケースを説明します)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

社会保険は退職した翌日から失効したことになります

会社を退職した翌日より社会保険は失効したことになり、自動で国民保険に加入したことになります。ん?じゃあ特別に手続きする必要ないような気もしますが、もし病気になった時に保険証がないと困るので切り替えはしておきましょう。保険の切り替え手続きは退職してから14日以内にとルールがありますので、お早めに。

手続きに必要な書類

社会保険から国民保険の手続きに必要な書類は
・健康保険資格喪失証明書
・マイナンバーカードなければマイナンバー通知カード
・本人が確認できる書類(運転免許証やパスポート)
・印鑑
・厚生年金資格証明書があれば一緒に持って行きましょう。

手続きに必要な書類は特別難しいものはありません。もし健康保険資格喪失証明書がまだ手元にない場合は、退職した会社に連絡して発行してもらうよう連絡をとってください。
多くの場合、会社から健康保険喪失証明書を発行してもらった際セットで厚生年金資格喪失証明書も発行するはずなのでそれも持って行きましょう(一枚で健康保険・厚生年金喪失証明書とある場合はそれだけでOKです)。保険の切り替えと同時に年金の切り替えもやってもらえます。

手続きする場所は住んでる市町村区役所で

保険の切り替えはお住いの役所でできます。各市町村で名称は若干異なりますが保険年金課と言う窓口があります、わからなかったら、総合案内の窓口で「社会保険から国民年金の切り替えがしたい」と尋ねてみましょう。

支払い方法など説明を等説明を受けたら完了

社会保険を任意継続した場合と、国民年金に切り替えた場合はどうなるかなど、諸々の説明を受けたら終了です。その場で保険証も発行してもらえるのであとは、保険料と年金を支払って行くだけです(笑)
私は会社をやめて、改めて保険料と年金そして税金の高さを実感しました。本当に高いです