安全に楽しく!バーベキューをやる前に知っておきたい心得とは?

グルメ


バーベキューをやってみたいけど、やったこともないし、あまり参加したこともない!
そんなバーベキュー初心者の為にバーベキューに関するノウハウや安全に焼肉をするための心得をまとめてみました。バーベキューに興味のある方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最初は気心の知れた仲間メインでやるのがおすすめ!


バーベキューは大勢でワイワイ騒ぎながらやるのが醍醐味の一つですが、もし自分がバーベキューの経験が浅いにもかかわらず主催したいと考えるなら気心の知れた仲間メインでやるのがおすすめです。

なぜならもし、主催者のバーベキューに関する知識やノウハウが浅いのに、合コンなようなノリで初対面の方を大勢集めてやるとしますスムーズにバーベキューが出来ない可能性があるからです。例えば火が上手におこせなかったり、バーベキューに必要な道具を忘れるなどのトラブルに対応できなかったりすると、ちょっと残念な空気になりそうですよね。

慣れない最初のうちは、仮にトラブルが発生しても笑って許してもらえるような、仲間をメインに集めてみてくださいね♪

メンバーにはバーベキュー経験者を入れておく方が無難

バーベキューはその場にノリだけでなく、スムーズな段取りができるのも重要です。メンバーの中にバーベキューに関して熟知している人がいて、手伝ってもらえれば助かりますが、初心者だらけだと焼肉を食べるまで凄く時間がかかったりして微妙な空気になるかもしれません。ですので、まずはじめは無理に一人でやろうとせずに、道具集め、段取り、火起こし、など慣れない作業はバーベキュー経験者に手伝ってもらうのがおすすめです。

最初は設備の充実した場所バーベキューをする


文明の無い大自然に囲まれて行うバーベキューは開放感もあり最高です。しかしアウトドアの経験が豊富な方がメンバーにいて色々皆を安全に指導しながらやるのなら問題はありませんけど、初心者が気合や勢いだけでやるのは危険です。ですので、いきなり人里離れた山奥や、無人島でのバーベキューはおすすめしません。せめて、水道、トイレ、などの設備があるところでやりましょう。

アウトドアに慣れてない女性が含まれている場合、トイレがないとちょっと困ったことになるしれません。バーベキューに慣れていない人がメンバーに含まれているのであればその辺も考慮して場所を選びましょう。

バーベキュー決行日の天気をしっかり確認


屋外でバーベキューを行うときは天気の良い晴れた日にやるのが良いというのは言うまでもありません。なのでバーベキューを決行日の天気はしっかりと下調べしておきましょう。6月などの雨季はちょっと控えた方がいいかもしれませんね。あと、山の天気は変わりやすのでその辺も頭に入れて計画してくださいね。

バーベキューをやるなら暖かい時期がおすすめ


気温の低い冬場のバーベキューは結構ハードルが高いので、少し汗ばむ季節、冷たい飲み物が美味しく感じる季節がおすすめです。

バーベキューの心得をまとめてみると

青空の下で皆んなでワイワイしながら美味しいお肉を食べるのはすごく楽しいのですが、段取りが悪いと微妙な空気になってしまいます。まずは安全を第一に考え、快適なバーベキューができるよう計画を練ってみてくださいね!

コメント