通販で失敗したくない!自分に合ったハンガーラックの選び方とは?

雑記事


ハンガーラックを探してるんだけど何をポイントに選んだら良いか色々疑問をお持ちではありませんか?特に通販だと購入したいハンガーラックが画像でしかわからないので、実店舗で買うよりも不安になる方は多いかと思います。そこで当サイトではハンガーラック選びが不安な方のために「失敗しない 自分に合ったハンガーラックの選び方」をまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハンガーラックと置くスペースのサイズを知る

ハンガーラックを置きたい場所を決め、置く場所のスペースを測ります。
これをしておかないと、お気に入りのハンガーラックを購入できても、サイズが大きすぎたりして予定の位置に置けない悲劇が起こってしまうかもしれません。
場所の幅だけではなく、高さ、奥行き、も満遍なく測っておきましょう。幅が足りても奥行きのあるハンガーラックだと想像以上に飛び出たりして邪魔になる可能性もあります。高さに関しても画像は小さく見えても、実際に届いたら、想像以上に大きくてハンガーラックを置きたいスペースに収まらない可能性があるので測っておきましょう。普段あまりメジャーを使うことのない方にとっては「計る」作業は少々面倒ですがですが、ハンガーラックを買う基本としてサイズをきちんと測っておくことをおすすめします。

ハンガーラックに何を収納したいかを思い描く

ハンガーラックの種類が多彩なので、ハンガーラックに何を掛けるのか予めイメージしておきます。服だけ掛けるのか、靴も同時に収納したいのかなどによって、選ぶハンガーラックのスタイルは変わってきます。また、服でも冬用アウターで重量のあるものを沢山ハンガーラックにかけたいとなると、掛ける服の荷重に耐えうるものを選ぶ必要性も出てきます。ワンピースやロングコートなど丈の長い服をかけたいのであれば、ある程度高さのあるハンガーラックを選ばなければなりません。

ハンガーラックのサイズ、重量、耐荷重を調べる

お気に入りのハンガーラックを見つけたら商品説明に記載してある、幅、奥行き、高さ、重量、耐荷重も一応見ておきましょう。サイズを見る上のポイントとしては一番大きな数字が収納スペースのサイズがマッチしているかどうかをまず注目しておくと良いと思います。
また冬物の重い衣類を沢山かけたいと思うのであれば、耐荷重はハンガーラックを選ぶ上で重要な要素となります。逆に、薄い服、ワイシャツ、ブラウスなど少量しか掛ける予定がないのであれば、ハンガーラックの対荷重についてはあまり気にする必要はないかと思います。
デザインのよって本体の高さがあっても肝心な服を掛けるスペースはそれよりも狭いケースもあり注意が必要です。掛ける服の種類、量によって耐荷重を考えハンガーラックの本体重量も参考としてして見ておきましょう。部屋の模様替えや、ハンガーラックの移動を考えると本体重量は、できたら軽いものを選んでおきたいものです。特にキャスターの付いていないもの、解体できないものには注意必要です。

ハンガーラックを置きたい部屋のテイストやスタイル合わせたハンガーラックを選ぶ

ハンガーラックは単なる、洋風収納だけで無くインテリアとしての要素も備えています。自分がどのスタイルを目指してるかにもよってハンガーラックのデザインは変わってきます。自分が思い描いているスタイルに欲しいハンガーラックがマッチするのかどうかイメージしながら選ぶ!これがおしゃれな部屋作りのポイントとなってきます。

機能性だけで無くデザイン性も意識しておしゃれを楽しむ

機能性、値段も気になりますが、ハンガーラックはインテリアとして楽しむことができます。おしゃれを楽しむ前の大前提として、ハンガーラックとして機能するか、お部屋にちゃんと設置できるサイズなのかきちんと確認しておく必要はあります。自分が求めるスペックがわかったら、お気に入りのデザインのハンガーラックでお部屋をおしゃれにコーディネートしてみてくださいね♪

コメント