焼肉プレート・ホットプレートの選び方/ポイント

グルメ


これから焼肉プレート、ホットプレートを買い換えようとお考えの方、もしくは初めて買う方はどんなことに気をつけて選べば良いか悩んでいませんか?そんな方の為に失敗しない焼肉プレート、ホットプレート選び方を簡単にまとめてみましたので良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

“焼き上がり”にこだわる選び方


焼肉プレート,ホットプレートを選ぶポイントはどこに重点を置くのかで変わってきますが。まず味を重視するのなら遠赤外線で中までしっかり焼ける、余分な脂が落ちるなどを機能性を重視して選ぶと良いと思います。焼肉をした後の部屋のニオイが気になるのなら、さらに吸収煙機能がついたものがおすすめです。

煙、焼肉のいやなニオイが気になる。。


焼肉をした後のお部屋のニオイ気になりませんか?あの焼肉の、いやなニオイの原因は煙と言われています。そこで、煙やニオイがきになるのであれば煙が出にくい焼肉プレート、ホットプレートを選んでおくのが無難です。
焼肉をお部屋ですると、しばし換気扇では間に合わないくらい煙が発生してしまうことがあります。煙が部屋に充満すると、あの嫌なニオイが残っちゃうんです。

ニオイ、煙対策してあるプレートには「無煙」「煙が出にくい」などが説明に明記されているので、購入前にチェックしておきましょう。

専用の焼肉プレートなら吸煙タイプでなくとも、もともと煙の出にくいタイプもあるので良く吟味して選んでみてくださいね。

テーブルに合わせたサイズ

焼肉をする時はプレート以外にお肉や野菜を盛ったお皿がテーブルに置きませんか?もし選んだ焼肉プレート、ホットプレートがテーブルの場所を取りすぎては、他のものが何も置けなかったら不便ですよね?大は小を兼ねると言いますが、テーブルが極端に狭くなってしまっては超不便です。できるだけ、置きたいテーブルのサイズに似合ったプレートを選ぶようにしましょう。

一応コードの長さもチェック

プレートの機能性、デザイン性ばかり気になって、ほとんど気にならないのがコードの長さです。適度にストレートにコンセントまでに届くのが理想ですが、そうならないことも、たまにあります。

一応ホットップレートに付属してあるコードの長さにも注意し、プレートを置くテーブルの位置からコンセントまでの距離を確認しておきましょう。もし届かなかったり、浮いて足に引っかかるよなら延長コードなどを購入して対策したいところですができたら安全性を考えて余裕を持ってストレートに繋ぐことを心がけましょう。

焼肉を安全に楽しむために

焼肉プレートもピンからキリまで多彩ですが価格や機能性ばかりが全てではありません。もし家族に高齢者や小さな子供がいる場合には安全機能にも注目して選んでみてくださいね♪

ある一定の高温になるとプレートへの通電を停止させるような機能を持つホットプレートも存在します。

せっかくお金を払って買ったホットプレートが思うように機能しなかったら残念です。まずは「どの機能性を重視して、どのくらいの予算だったら自分が納得できるか」を決めてから選んでみてくださいね。

コメント