ネットオークションやフリマアプリで古着を扱うメリット、デメリット

ライフスタイル

世の中には衣料品いわゆる服は無限に存在して、また衣・食・住と言われるように古来より衣料品は日常の生活には欠かせないものとされ豊かな現代でも安定した高い需要があります。

今回はそんな衣類の中でも「古着」をネットオークションやフリマアプリで扱うメリットやデメリットについて考察してみました。ネットオークション、フリマアプリ、ネットショップで古着を扱ってみたい方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットオークションやフリマアプリで古着を扱うメリット

古着は安価で扱いやすい

ビンテージの古着は例外として古着はもともと安価で手に入りやすいものです。中には邪魔になるからタダでもいいからと、古着を処分する方もいます。単純に仕入れのコストが安いということです。
また大量に扱わなければ収納も簡単なので狭い部屋でも管理できます。また、一つ一つの重量も軽いので扱いやすいのも特長です。

業として展開しなければ誰でも扱える

ヤフオクなど自分で古着をオークションに出している人もいます。基本的に転売目的など業として古着販売を展開しなければ特に許可や免許は必要ありません。ですのでいらなくなった服を処分する目的でネットオークションを利用したら古着を扱う経験と知識は手頃に得られます。

古着を扱うリスク

古着を扱うにおいてのリスクは上でも述べたように誰でも簡単に扱えるというところです。しかし誰でも簡単に扱えるということは競合性が高くなり、なかなか利益には結びつきません。

実際オークションに出品しても全く売れない話はよく聞きますし私も経験があります。
では古物の許可をとって、利潤の高いビンテージ古着に挑戦しようとしたら今度は知識と商品の価値を見極める目利きが必要になってきますなこれはビンテージを愛してないとできない技術で、そのジャンル精通していないとまず無理です。

生半可にやって偽物なんかつかまされた大変です。

古着を扱うことに対しての私のスタンス

邪魔になって自分に必要のないものなら必要とする方に安く譲って役に立ててもらいたいという気持ちで古着は扱っています。コスト削減につながれば今のところはオッケーです、利益を出すにはまだノウハウも知識もたりません。。

古着が好きなら大丈夫です!

と色々書いたのですが、実際に古着を扱って生活している方はたくさんいます。その方に共通しているのは古着やファッションを愛していて、情熱が凄いというところです。知識やノウハウがなくても本当に好きならばどんどん古着を扱うことを挑戦していけばいいと思います、そんな姿を見たら私も応援してしまいます。

好きなことをやるのは楽しいですし、好きだからこそ一生懸命勉強する。
興味のある方まずは身の回りの古着を処分する気持ちでオークションに出品してみるのもおすすめです。好きな方ならきっと楽しめます。