衣類収納家具「ハンガーラック」その役割と特徴とは?

雑貨・収納・インテリア

どこの家でも利用されているハンガーラック。ハンガーラックは衣類収納にとても便利だと言われています。ではどうしてハンガーラックは衣類収納に便利なのでしょうか?そもそもハンガーラックは収納にどんな効果があるのでしょうか?そこで今回はハンガーラックの、具体的な利便性や効果など簡単にまとめてみました。これから新たにハンガーラックを利用し衣類を収納しよと考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

洋服をきれいに収納できる

ハンガーラックがあれば洋服をきれいに収納できます。洋服だけではなくハンガーラックの種類によっては帽子がかけられたり靴などの小物も同時に収納できます。壁などに適当にかけるよりも、ハンガーラックにまとめて掛ければすっきり収納できます。

洋服の収納が簡単

タンスやチェストなどに服を収納するとなると、服をたたむという作業をしなくてはいけません。しかしハンガーラックであればハンガーにかけるだけで収納ができます。
すべの服をハンガーラックに収納することはできませんが、ハンガーラックとタンスなどを使い分けることによって、服をたたむ作業を省き洋服を収納することが可能。結果的にハンガーラックを利用することによって収納作業全体の作業時間を短縮する効果が期待できます。

必要な洋服をすぐに取り出せる

ハンガーラックに服を掛けておけば洋服が見えやすくなるので取り出す時間も短縮できます。服を「常に見える」状態にすることによって服の管理が簡単になり、しかも必要な服や普段着がすぐに取り出せるようになります。

服にシワができにくい

うっかり折りシワつけたくない洋服をたたんでタンスに収納して困ったことはありませんか?たたんだり、重ねて洋服を収納すると服にシワができてしまいます。しかしハンガーラックを利用すれば、洋服をシワから守り、形状保ったままきれいに収納が可能です。特にスーツなどは絶対にシワがついては困る洋服にはハンガーラックは最適な収納家具の1つと言えます。

防虫、防カビの効果

服にカビが発生する原因の一つとして考えられるのは、汗や湿気がついたままの服をそのまま収納してしまうことです。ハンガーラックに洋服をかけておくと、通気性が良くなり服を比較的に乾燥して保管しておくことができます。ハンガーラックに洋服をかけておくと絶対に大丈夫とういうことではありませんが、脱いだ服をそのままほったらかしにしておくよりは、吊るしておいたほうが通気性が高いというのは、おぼえておいて損はないと思います。

インテリアとしてお部屋をコーディネート

部屋のスタイルに合わせたおしゃれなハンガーラックをおくことによってインテリアとしも利用できます。

いかがだったでしょうか?ハンガーラックは衣類収納が便利な家具として優れているだけではなく、インテリアとしても楽しめます。ハンガーラックは機能性や耐久性が注目されがちですが、デザイン性も少し重点を置いて選んでみてれば、よりハンガーラック選びが楽しくなるかもしれません。

今回、色々解説してみたようにハンガーラックは、収納家具として非常優れています。上手に利用して素敵な衣類収納を実現させてきてくださいね♪

コメント