一人焼肉のメリットとデメリットについて考えてみる

グルメ


一般的に焼肉をお店に食べに行く時は、2人以上複数で食べるものだと考えて方もまだ多いと思います。しかし最近では「一人焼肉」というキーワードがかなり目につくようになり、気軽に一人焼肉ができる専門店も続々と増えています。「気になるけど一人焼肉はちょっと。。」と思っている方も多いはず。

そこで今回は一人焼肉にをやってみたいけど、まだ勇気がなくて踏み切れない方の為に一人焼肉のメリットとデメリットについてまとめてみましたので、気になっている方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひとり〜という言葉


ひとり焼肉という言葉はいつぐらいから世間に知られるようにか考えてみたました。そもそも「一人〜」という言葉で代表的な言葉といえば「ひとりカラオケ」が最もポピュラーではないでしょうか?

カラオケ黎明期、複数人でカラオケに行くと歌う人がいて、必ず聴く人がいるというのが常識とされていました。時代は移り変わり、2000年中頃からグループでカラオケを楽む目的の他に、ストレス発散、練習など個人で楽しむ娯楽としての需要が増え現在では「ヒトカラ専門店」なども現れ日本で一人でカラオケすることは特別なことでは無くなりました。

一人カラオケという言葉がメディアなどで出たのは2003年くらいだと言われています。それから「一人〜」という言葉がではじめたので、一人焼肉という言葉がメジャーになり始めたのはそれ以降くらいだと考えられます。

一人だから焼き加減も自由

通常大勢で焼肉店に行った場合お肉の焼き加減やペースなど他の人に気を使いながらお肉を焼かなければいけません。しかし一人焼肉ならグリルを独り占めなので、気を使う必要もありません。

どんどん自分のペースで肉を焼き、いつもなら「入れすぎ!」と言われるようなペースでも問題ありませんし、通常牛タンから焼いて〜焼く順番のローカルルールも無視してお好みの肉から焼くこともできます。

普段は大勢ではできないできないような、マニアックな焼き方に挑戦することもできます。一人焼肉ならコミュニケーションとしての意義は無くなりがはなくなり、純粋に焼肉の味、焼き上げを楽しむことがメインとなります。

予算も時間も自由!


一人なので焼肉の予算も自由ですし、友達と都合を合わす必要もありません。気が向いた時に、必要最低限の予算で焼肉を堪能できます。普段なら頼めないお肉を頼んでみたり、あらゆることにおいて自分のペースで気ままにやれるのが一人焼肉の醍醐味とも言えるかもしれません。

一人焼肉のデメリット


一人焼肉の最大のデメリットって何でしょうか?私なり考えたのですが、美味しいをリアルタイムに共感できないことではないでしょうか?友達が数そばにいれば「これうまい!」と美味しい喜びを共感できるかもしれませんが、一人焼肉においては一人で納得するしかありません。焼肉を独り占めできる代償といえば仕方がないことなのかもしれません。

焼肉なう♪SNSで美味しさ共有


「美味しいをリアルタイムに共感できない」寂しさ対策としてSNSでシェアするのはいかがでしょうか?美味しそうな焼肉を撮影し味までは伝えることはできませんが、「いいね!」や「おいしそ〜」「うらやまし〜」などのレスポンスを楽しめます。この際、焼肉通になりきって美味しそうな焼肉で満載させるのもありかもしれませんよ!!

「一人焼肉のメリットとデメリットについて考えてみる」をまとめてみると

一人カラオケがあまり流行らなかった時は、「一人でカラオケするのは勇気がいる」「他人や店員の視線が気になる」などヒトカラに対して抵抗のある感想が多く、世間も「寂しい」「恥ずかしい」「滑稽」などネガティブな意見が多くありました。現在では一人カラオケは「ヒトカラ」という言葉も生まれ市民権を獲得しています。ですので一人焼肉も今の勢いなら広く一般的になるのも日も、そう遠くは無いと思います。

専門店も増え一人焼肉をやりやすい環境は確実に広がっているので、やりたいのなら、人目を気にせず積極的に楽しめば良いと思います。はやり始めた今こそ一人焼肉は旬のトレンドですので興味のある方は気軽に楽しんでみてくださいね♪

コメント