ポールハンガーの特徴

雑貨・収納・インテリア


洋服掛けの中でもポールハンガーの名前はよく聞かれるかと思います。では、ポールハンガーにはどんな特徴があり、他の種類の洋服掛けと比較して何が優れているのでしょうか?今回はポールハンガーラックについてまとめてみましたので良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペースをとらない

ポールハンガーは縦の空間を主に利用した収納家具です。クローゼットや、少し幅のあるハンガーラックを置くとなると、その都度スペースを確保するのに悩むこと多いかと思います。しかしポールハンガーは、ちょっとした部屋のスペースを利用しておけるのでハンガーの位置決めで悩むことは少ないです。ポールハンガーは省スペースで狭い部屋でも使いやすいと言えます。

洋服の収納が簡単快適!

衣類や小物などをかけておくだけなので、常に目で見て確認出来き管理が簡単です。また日常よく使うアイテムをかけておけば、すぐ取り出せるので探す手間も省けます。さっと掛けてさっと取り出せるのでゲスト用のコート掛けに使っても便利です。ポールハンガーは機能性において、無駄な時間を省力し快適な暮らしを応援してくれます。

部屋のスタイルに自由に合わせられる

ポールハンガーに使用される素材はスチール、木製、アイアンなど幅広く、好みのスタイルにマルチに合わすことができます。ナチュラルスタイルや北欧スタイルが好みであれば木製を選んでみたり、少しクラシックなヨーピアンスタイルが好みであれば重厚なデザインのアイアンをチョイスするなど素材選びには困りません。
また和室にも合うポールハンガーは沢山あります。ポールハンガーはお部屋のテイストに合わせやす収納家具と言えます。

おしゃれなインテリアとしても利用可能

単なる便利な収納家具としてではなく、お部屋のインテリアとしてデザイン性を重視したポールハンガーも多く存在します。ヨーロピアンスタイル、北欧スタイル、南欧スタイル、そのいずれでもないものなど様々です。ハンガーラックに自分好きな洋服をオシャレにかけ、さり気なく部屋に飾っておけば自分だけの個性的な部屋にアレンジできますね。

バランスが比較的に悪く倒れやすい

ポールハンガーラックの良いことばかり書いてきましたが、実はポールハンガーにも弱点はあります。ポールハンガーは縦に長く、上部に服などをかけると重心が高くなりバランスが悪くなります。昨今は構造が工夫され、ベースが重く倒れにくいポールハンガーも沢山ありますが、それでも安定感はあまり良く無いと思っていた方が良いでしょう。

大量の衣類収納には向いてない

バランスが悪いのも関係するのですが、ポールハンガーはフックの数が少ないで大量の衣類収納には向いていません。やはり大量の衣類を収納したいのであれば、クローゼットや4つの足で支えるハンガーラックが無難です。

ポルハンガーラックでお部屋を簡単模様替え

ポールハンガーには洋服や小物をかけるフックは着脱でき自分の好みの長さ、ある程度カスタマイズが効くタイプもあります。好みの位置に高さを調節したり、かけるアイテムの数によってフックの本数を変えてみたりなど、いつもあるポールハンガーの模様替えも可能です。逆に撤去も比較的に簡単です。
また、そのまま置くだけでも部屋の雰囲気は随分変わってきます。

今の部屋をよりスタイリッシュに表現したい方、普通のポールハンガーでは満足できない方、ぜひ自分のお気に入りのハンガーラックを見つけて、お部屋を素敵にアレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント