【初心者・ビギナー向け】揃えておきたいバーベキュー用品、道具

雑記事


「バーベキューをやりたい!早速人数集めて場所探し♪」ってその前にバーベキュー用品は揃ってますか?もし揃っていなければ集めなければなりませんね。そこで今回は、初心者、ビギナー向けにバーベキューに必要な道具をまとめてみましたので、これからバーベキューやろうと計画されている方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もし炭火でバーベキューをするのなら、炭と火おこし道具の準備


もし炭火でバーベキューをお考えなら、炭と火おこし道具を用意しておきましょう。

バーベキューグリルもしくはバーベキューコンロ

バーベキューグリルもしくはコンロもバーベキューには必須と言えるグッズです。グリルは炭火だけでなくガスを利用したものもあります。お好みの焼き方に合わせて選びましょう!

割り箸


さすがに熱々のお肉を、素手でつかんで食べるのは無謀なので、割り箸は用意しておきましょう忘れたら現地で困りまくること間違いなしです。お箸は意外に忘れやすいのでバーベキューの買い物リストには必ずメモっておきましょね。

食材を扱うトング

クーラーボックス


お肉や冷たい飲み物を安全に保存するのに必須のアイテムです、同時に保冷剤も用意しておくとさらにグッドです。特に夏の炎天下などではクーラーボックスの中で食品を安全に保存するために必需品となります。気温の低い冬場でも一応クーラーボックスは用意しておきましょう。
価格もピンきりで高価なものもありますが、初めは安いもので構わないので最低限、庫内の温度を安全にキープできるものであれば十分役に立つはずです。

テーブルと椅子


立食でバーベキュウを楽しむのもOKですが、終盤に疲れてき他時に椅子があると助かります。中には座って落ち着いて食べたい方がいるかもしれませんので、ワンセットは用意しておくと便利です。その場で野菜を調理できるテーブルもあれば便利です。

レジャーシート

地面に直接座るのは少し抵抗があると思うのでレジャーシートを用意しとくと便利です。またみんなのバッグや道具置き場としてもレジャーシートは使えます。
バーベキューがひと段落して木陰でレジャーシートに寝っ転がると気持ちいですよ〜♪

バーベキュートレイ

片手で持てて、焼けたお肉を入れたり、飲み物を置けるホルダーも付いているのでバーベキュウトレイは大変便利です。もちろん市販されている使い捨ての100円均一のお皿にタレを入れてその都度食べるスタイルでも良いと思います。

タープ 小型テント パラソル

もしバーベキューをやる場所に木陰がないのであれば、日差しが防げるパラソルやタープは用意しておいた方が無難です。特に夏場はバーベキューのそばにいるだけでも熱いのに、更に日差しの暑さにやられてしまうかもしれません。また熱中症予防や、急に雨など降っても助かるので一応用意しておきたいアイテムです。

救急セット

バーベキューは普段慣れないっい作業する場面が多いので、万が一のために救急セットは用意しておきましょう。軽い火傷、調理中に指を切ったりした時に小型の救急セットがあると、応急処置ができるので助かります。

まとめてみると

必要だと感じたものがあればどんどん買い足していけば良いのですが、道具が揃ったからと言って必ずしも楽しいバーベキュウができるとも限りません。道具だけでなく、その道具を正しく使う知識や経験も必要となり、もし間違った使い方をしてしまえば道具の便利さは発揮できず、逆に危険な目に合うかもしれません。

なので、バーベキュー用品、道具について疑問に思うことがあれば経験豊富な友達に相談しながらリストを整理していくのがおすすめです。もし友達が道具を貸してくれるのであれば、最初のうちはそれでも問題無いと思います。

コメント