衣類を素敵に収納!置くタイプのハンガーラックを上手に活用する方法

雑貨・収納・インテリア


置くタイプのハンガーラックは他の家具よりも比較的に値段も安く手頃に手に入ります。しかしせっかくお気に入りのハンガーラックを買っても、思うように物を収納できなくて悩んでいる方もいらっしゃるんじゃないかと思います。そこで当サイトでは置くタイプのハンガーラック使った上手な活用方法を簡単にまとめてみましたの良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

置くタイプのハンガーラックの特徴


(木製ハンガーラック)
置くタイプのハンガーラックは、何よりその価格の安さと、狭いスペースを有効活用できる機能性が魅力です。高価で大型のクローゼットなどとは違い、軽いので移動も自在です。

玄関に置けばおしゃれにお客様をお出迎え♡


(abode FORTY)

置くタイプのハンガーラックの中にはデザインにこだわったおしゃれなハンガーラックが沢山あります。おしゃれなタイプを玄関に置けば雰囲気もワンランクアップです♪

折りたためるタイプなら必要な時だけ活用!使わない時は、たたんで隙間にスッキリ収納


(おしゃれ木製折りたたみハンガーラック)
置くタイプのハンガーラックには折りたためるタイプがあるんです。洋服を掛けたい時だけ出して、必要ないときは本体をたたんで隙間に収納することができちゃいます。

脱衣所におけばスッキリ清潔収納


(ランドリーラック)
置くタイプのハンガーラックを脱衣所のちょっとしたスペースに置けば、いつもは脱ぎっぱなしの衣類もスッキリ収納♪見た目も綺麗にですけど清潔感があります。

もしクローゼットが部屋にないお部屋でもカバー付きなら安心


(カバー付きハンガーラック)

置くタイプのハンガーラックには大切な衣類をホコリから守ってくれカバー付きの便利なタイプもあります。ハンガーラックは使いたいけど衣類は晒しておきたくない方にもおすすめです。

洋服のテイストに合わて使えば、ショップのディスプレイに変身


(南欧風ハンガーラック)
ハンガーラックを掛けたい洋服のテイストに合わせれば、おしゃれなインテリアに変身!カジュアルな雰囲気をよりカジュアルに、ショップのディスプレイみたいにして楽しんじゃいましょう。

置くタイプのハンガーラックを選ぶポイントとは?

置くタイプのハンガーラックの魅力を伝えてみましたが、選ぶ前に少し気をつけてもらいたいポイントがあるので、いくつかご説明します。

購入する前にハンガーラックを置きたい場所の寸法を計る

まずは自分が使うハンガーラックのサイズを知ることから始めましょう。
付属の取り扱い説明書を読んで洋服などが収納できるサイズ確認するか、メジャーで測って寸法をとってみてください。

だいたいでも良いのでサイズを把握していきます。
少々面倒な作業ですが、収納したい洋服のサイズと量がハンガーラックとマッチ知るのかどうか、収納する前にイメージをつくっておいきます。

外に出して良いものを収納する

クローゼットハンガーラックとは違い置くタイプのハンガーラックは部屋で長期間衣類をむき出しの状態で保管する可能性もあります。掛けたい衣類が外に出して良いかどうか判別して収納していきましょう。例えば冬場しか着ないコート、あまり着る機会の少ない大切な礼服や喪服は、できるだけクローゼットに収納することをおすすめします。

できるだけ季節にあった服を収納する

季節外れの洋服を置くタイプのハンガーラックにかけてしてしまうと、そのシーズン放置したままになります。放置されたままのスペースは、そのシーズン無駄になりますし、外に置きっぱなしの衣類の状態も少々心配ですよね。ハンガーラックの収納スペースを最大限に利用するためにも、常に季節にあった衣類を収納することを心がけましょう。

なるべく日常よく使う、衣類や小物を収納する

置くタイプのハンガーラックには日常よく使う衣類や小物を優先的に収納してみましょう。例えば、毎日使うバッグや冬場なら通勤時に着るコートなどです。日常よく使うものを置くタイプのハンガーラックにかけておくとすぐに取り出せるので時間の短縮ができます。またお気に入りの服をかけておけば、着たい時にすぐに取り出して着ることができます。
一目で服や小物が見渡せる置くタイプのハンンガーラックの特徴を最大限に利用して収納していきましょう。

ほったらかしにはできないけど

結局の所、季節に応じてハンガーラックにかける服を変えたり、新しい服を買ったら掛け替えたりなど管理しなくてはいけません。
しかしクローゼットとハンガーラックの収納ローテイションをうまく活用すれば、クローゼットの中の整理整頓のきっかけにもなり一石二鳥です。
一目で管理ができる分、人目につくので整理や掃除に手間のかかる面もありまが、基本の収納さえしておけば他の方が見ても素敵インテリアになりますので是非置くタイプのハンガーラックを利用して収納の幅を広げてみてくださいね。

コメント