焼肉で使う「塩ダレ」とは?

グルメ


焼肉の定番のタレとして、醤油をベースにしたタレが一番スタンダードなタレではないでしょうか?しかし焼肉のタレは醤油ベースのタレが全てではなく様々なタレがあります。その中でも2番手ぐらいの知名度があるのは塩ダレです。では塩ダレとはどんなタレなのでしょうか?他のタレと比べて何が違うのでしょうか?そんな塩ダレについての特徴を簡単にまとめてみましたので良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

塩ダレに使われる定番材料とは?

タレを作るにおいて自家製に限らず市販のタレでも、元となる材料が必要です。では塩ダレにはどんな材料が使われいるか調べてみると。

・レモン果汁
・ニンニク
・長ネギ
・ごま油
・塩こしょう
・長ネギ

などが主な材料としてあげられます。それぞれの家庭によって塩ダレの作り方が違うのでこの材料を見て「うちの塩ダレと違う!」と思われるかもしれません。それだけ塩ダレにもバリエーションが豊富で、好みに合わせて自由に塩ダレが作れるということなのです。材料に醤油が混ざると「塩ダレ」とは名乗らないようです。

そしてよ〜く、色々な塩ダレのレシピを眺めてみると、ほとんどレモン果汁が含まれています。そうです、あの塩ダレの独特の、さっぱりした爽やかな風味の秘密はレモンだったのです。

塩だれに含まれるレモンの効果とは?


レモンを含む塩ダレは、こってりした焼肉につけて食べることによって、優しくまろやかな味に仕上げてくれます。後味も爽やかであっさりした焼肉を楽しむことができます。レモンに含まれるポリフェノールは脂肪の吸収を抑え、肝機能の働きを助ける効果があると言われています、また同じく含まれるペクチンは食欲を抑え、腸内環境を整える効果もあると言われています。

ネギとニンニクの風味も◎

塩ダレの材料で忘れてはならないのがネギとニンニクの存在です。単調な塩味を、ネギやニンニクの薬味が盛り立てます。レモン汁でさっぱりし、さらに様々な薬味が混ざり合って味わい豊かな「塩タレ」の完成になります。みりんや酒をなどのお好みの調味料、薬味を加えることによって、さらにコクや深みのある塩タレにすることも可能です。

塩ダレは非常に良くできてます

塩ダレの味は焼肉と相性が良く、さっぱり風味のタレが上手に焼肉とマッチしてこってりをまろやかしてくれます。また、材料から考えても非常に塩ダレは良くできたタレと言えます。焼肉は胃腸に負担のかかりやすい食べ物で知られていますが、塩ダレに含まれるレモンの力で胃腸の負担を抑え、焼肉の食べ過ぎも抑制する効果も期待できます。特にダイエット中の方など焼肉の時は塩ダレで食べるのがオススメなんじゃないかと思います。ただし、塩ダレのかけすぎと焼肉の食べ過ぎは全くダイエットには効果がないので注意です

塩ダレは作りやすい

塩ダレはレシピを見てもわかるように、ご家庭でも比較的に作りやすく失敗しにくいタレと言えます。いつもの焼肉のタレに飽きた方、ちょっとオリジナルのタレに挑戦してみたい方、塩ダレは手頃で美味しいので自分だけの塩ダレ作って焼肉を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

コメント